千年災禍の海辺学目次

【目次】
 
はじめに──反・寺田寅彦学  金菱清

一部:海辺の歴史文化を守る──コミュニティ論

          第1章  獅子と暮らす浜──民俗芸能と地域コミュニティの再構築(女川町竹浦)  安田寿典
          第2章  「災害危険地帯」で花を植え続ける意味──“元”茶の間での閖上のまちを再現する(名取市閖上)  伊東康幸
          第3章  命を守る防潮堤を“拒否する”人々──地域社会の紐帯を守るために(気仙沼市魚町)  佐々木広清
          第4章  早期の復興を支えた“沖き出し”──海のアジール論(気仙沼市唐桑)  今野 雄太郎
          第5章  おまかない(おすそわけ)のできる浜へ──村落経営としての生活技法(仙台市荒浜)  伊藤智裕

二部:海辺を取り戻す作法──復興論

          第1章  唯一「水産業復興特区」に賛成する論理──平等性の原則(石巻市桃浦)  庄司貴俊
          第2章  町の存続と漁業を成り立たせる“信頼”──漁業のモラル・エコノミー論(石巻市雄勝)  中坪廉
          第3章  「遊び」としてのカツオ節再建──水産加工のマイナー・サブシステンス論(気仙沼市鹿折)  相澤卓郎
          第4章  複合経営によって再生される浜の秩序──未来の発言力(松島町名籠)  中川恵
          第5章  浜を守ることと品質向上の両立──高齢化しない生産組合(東松島市浜市・野蒜)  菅野航

三部:海辺をともに切り開く──協業化論

          第1章  四半世紀におよぶ協業と原発問題──ホッキの共同資源管理と反漁師像(山元町磯浜)  橋元裕香
          第2章  ウラとオモテのライバル論──海苔技術の革新と疲弊(七ヶ浜町表浜・浦浜)  佐藤征司
           第3章  96人の協業化の試み──社会的ジレンマにメスをいれる取り組み(南三陸町志津川戸倉)  齋藤宇成
          第4章  弱者生活権を保障する──災害の所有(石巻市北上町十三浜)  金菱清

おわりに──金菱清
Comments